Blog Archives

栃木県の誕生

Written on 6月 9, 2022 at 14:10, by

生誕149年を迎える栃木県 6月15日は「県民の日」である。県民一人ひとりが郷土への理解と関心を深め、県民としての一体感のもと、より豊かなふるさと栃木を築き上げることを期する日として、昭和60(1985)年に制定された。…

百目鬼(どうめき)と「百目鬼通り」にまつわる話

Written on 5月 12, 2022 at 09:13, by

百目鬼(どうめき)の伝説 平安時代の中頃の話。ある日の夕方、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が田川の方へ歩いて行くと、白髪の老人が姿を現し、大曽の北西にある兎田という馬捨場(うますてば)で待っていてほしいと告げる。その場所…

「殺生石」に伝わる逸話

Written on 4月 19, 2022 at 09:17, by

殺生石が真っ二つに割れた! 今年の3月5日、那須町の国指定名勝史跡「殺生石」が真っ二つに割れたという出来事がニュースやSNSで話題となった。九尾の狐(尾が9つに分かれ、変貌自在で人をだます狐の妖怪)にまつわる伝説が憶測を…

宇都宮市の町名に見る歴史

Written on 3月 31, 2022 at 09:27, by

昔の地図にある地名から読み解く 前回の記事「新しい町名、今はない町名。旧町名の痕跡を見つけてみよう!」では、宇都宮市の中心市街地西側の町名変更について紹介したが、今回は東側、いわゆる宇都宮の下町の話をしたい。昭和48(1…

新しい町名、今はない町名。旧町名の痕跡を見つけてみよう!

Written on 2月 3, 2022 at 10:01, by

新しい町名が生まれている 令和3年(2021)3月1日より、宇都宮市の北西部に位置する徳次郎町の町名が、「とくじろうまち」から「とくじらまち」に変更となったが(前号参照)、町の名称が変わることは珍しくない。宇都宮に限って…

復活した「徳次郎(とくじら)町」

Written on 1月 12, 2022 at 09:55, by

「とくじろう」から「とくじら」へ 徳次郎は、宇都宮市の北西部に位置する集落である。昭和の半ばから平成にかけては「とくじろう」とも呼ばれたが、令和3年(2021)年3月1日より「とくじら」に改められた。 地名の由来には諸説…