6月晦日に行われる神事

早いもので、一年も半分が過ぎようとしている。かつて、日本人は一年を二期に分け、前半の始まりは正月、後半は盆(旧暦では7月1日が盆の始まりである)と考えていたから、6月30日は前半最後の日、すなわち年末の大晦日にあたる日とされる。

その6月30日(もしくは月遅れの7月31日)に、宇都宮市の二荒山神社をはじめ、那須烏山市の八雲神社、真岡市の大前神社、上三川町の白鷺神社など各地の神社では、夏越しの祓を行う。その中心となる行事が茅の輪(ちのわ)くぐりで、「水無月の 夏越しの祓 する人は 千年の命 延ぶというなり」と唱えながら、境内に置かれた直径2mほどの輪をくぐると、病気や災難から逃れられ、長生きができるという。

茅の輪くぐりの様子(平成13年・宇都宮二荒山神社)

茅の輪くぐりの流儀、意味

くぐり方には流儀があり、八の字を描くように三度くぐって(左回り、右回り、左回り)から、社殿に進んで無病息災を願う。当日参加できない人は、あらかじめ配られる形代(かたしろ)に、自分の姓名と年齢を書いてから、体の具合の悪いところを撫で、三度息を吹きかけたものを参詣者に託して持っていってもらう。すると、神社では、それを川に流したり、お焚きあげをしたりすることで祓い清めてくれる。

形代(栃木県立博物館蔵)。宇都宮二荒山神社で配られたもの

茅の輪くぐりが、いつ、どのようにして始まったかは定かでないが、奈良時代に記された『備後国風土記(びんごのくにふどき)』に見られる「蘇民将来」の伝説によれば、蘇民将来の子孫といって、腰に茅の輪を付けていれば疫病から逃れられたという。また、文化3年(1806)に刊行された『諸国図会年中行事大成』には、茅の輪をくぐる人々の様子が描かれている。

『諸国図会年中行事大成』(臨川書店から復刻されたものを転載)。文化3(1806)年刊行。速水春暁斎の著で全6冊からなる。正月から6月まで、1冊ごとにその月の神事、祭礼、年中行事などを解説している。

茅(ちがや)は、屋根材として使用された身近な植物である。その強靱な根と青々とした葉は、強い生命力を感じさせ、剣のように先端の尖った葉は、魔を除けるものとして信仰された。茅の輪は、束ねた茅を割竹で作った心棒にくくりつけて紐で縛り、円形になるように整えたものである。例年、多くの人が、神職の先導で茅の輪をくぐり、身についた穢(けが)れや、厄災を茅に遷して、清らかな気分で残りの半年を迎える。

茅(ちがや)はイネ科チガヤ属の多年草である。日当たりのよい土手などに群生する。

無病息災を願い、穢れを払う

夏越しの祓は、疫病が流行しやすい夏を乗り越え、健康で過ごせることを願う民間信仰である。また盆を前に穢れを払うという意味もある。今年は、新型コロナウイルス感染症の流行により、肉体的にも精神的にも厳しい状況が続いているが、すでに起きてしまった災難を一度リセットし、今後の安寧(あんねい)を願うことは、人々共通の願いであろう。時節柄、夏越しの祓に参加してみてはいかがだろう。

茅の輪を作る様子(平成13年・宇都宮二荒山神社)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となることもありますので、事前に確認した上でお出かけください。


篠﨑 茂雄

1965年、栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮大学大学院教育学研究科社会科教育専修修了。栃木県立足利商業高等学校、同喜連川高等学校の教諭を経て、1999年より栃木県立博物館勤務。民俗研究、とくに生活文化や祭り、芸能等を専門とし、企画展を担当。著書に『栃木民俗探訪』(下野新聞社)などがある。