家守(株式会社 家守) 株式会社 家守

「大地を抱く家」自給自足を愉しむ暮らし

どの方向から見てもそれぞれの趣のある佇まい。
こだわりの植栽に塗り壁の質感が馴染み、住まいに豊かな表情を加えています。
広々としたLDK、外とつながりのある土間に薪ストーブ、
自給自足の丁寧な暮らしが実現できるよう広めの食品庫に勝手口などを設けました。

ダイニング

軒を出しつつも明るくゆったりと寛げる空間となりました。南に広がる畑を眺められるLDK。

物件概要

設計荒井設計室

着工2018年7月

完成2019年2月

延床面積45.0坪

建築費用3000万円台

照明

ガラス工房の吹きガラスのランプがぬくもりある空間にマッチ。

キッチン

キッチンの背面収納はすべて造作。予め手持ち物の量を考えて計画するので使い勝手は抜群。

リビング

ダイニングからリビングは角度があり、より広さを感じるつくり。

土間

土間と薪ストーブとボク。

階段

天井、手すり、階段も木のぬくもりでいっぱい。

子供部屋

コンパクトながら高い天井、壁面収納などで広々と過ごせる子供部屋。

和室

客間、書斎などいろいろな使い方のできる和室。

玄関

建具職人による木製の玄関ドア。

外観

夕暮れ時、木製雨戸からこぼれる灯りに温かな暮らしを感じる。

外観(南)

南に広がる畑を抱くように優しく曲げました。

家守(株式会社 家守)

南の大地を抱くように優しく曲げた家。軒を深めにしっかりと出すことで落ち着いた雰囲気になりました。
収穫した野菜をそのまま運び込める土間、そして薪ストーブ。
自家製の味噌や漬物などを保管できるよう広めの食品庫や勝手口も設けました。
南に畑が広がるのどかな景色の中で、畑仕事、収穫した野菜を食し、休む。
自家製の季節仕事や薪割りしながら次の季節を考える暮らし。そんな丁寧な暮らしのサイクルを愉しむ家となりました。

カタログ差し上げます。

家守(株式会社 家守)「株式会社 家守」のパンフレット請求や建物見学、お問合せをしたい方はこちら。

【1】ねい/じつ(yamori concept book)【2】6THINGS (6つの大切なこと)【3】寧日綴 (yamori case study book)

【1】「心豊かに住み継いでいく家」家守の家づくりに対する想い、【2】「設計者と建てる人と住む人」三者で家づくりをするために大切な6つのこと、【3】「一緒に歩んでいく家」OB様の想いと施工事例集

建築会社名
株式会社 家守

お名前 必須
E-mail 必須
住所
郵便番号 -

都道府県

市区町村

番地ほか
電話番号
お問合せ
資料請求見学希望その他