中庭を囲む明るい平屋。プライバシーを守る住まい

家の中心的な位置に存在する中庭は、室内環境を快適に保つための様々な要素をもたらしています。開放性とプライベート感を演出するための適度な広さ、室内への採光・通風の確保、各室や家族それぞれのもつ距離感など。家族の生活に寄添うように、時とともに囲われた庭は変化していきます。

玄関より中庭を見る

作庭された中庭を臨む玄関。光溢れる中庭が家族を出迎える。

物件概要

設計studio neo-  相馬 康典

着工2018年7月

完成2018年12月

延床面積34.4坪

建築費用2700万円台

玄関横に添えられた手洗スペース

住む人の習慣に合わせ玄関横に手洗スペースを設けた。玄関まわりをこまめにお掃除できる。

リビングより中庭を見る

十分な広さと作庭された中庭からは、リビングに溢れる光と開放感、四季の移ろいを演出してくれる。

リビング全景

勾配天井により開放感を演出するとともに、ミディアム調の木質で天井、床を統一する事で落ち着きとくつろぎのある空間とした。

家事スペース

家事の合間のちょっとした休憩、作業スペース。小さく切取られた窓からは外部の景色を臨むことができる。

キッチン背面収納

施主様のご要望の背面収納。高い技術による自社大工が製作するキッチン背面収納が可能に。

造作洗面化粧台

使い勝手や収納量など施主様と打合せを重ねることにより造られた洗面化粧台。

洗濯室ー物干スペース

洗濯室に併設した屋外物干スペース。正面を木格子で隠すなどプライバシー性にも配慮。

トイレ

普段使用するトイレはシンプルに計画。壁紙は白を基調とし、柔らかな光を演出する間接照明を計画するなど清潔感と落着きを演出。

子供部屋

将来的に間仕切ることができる子供部屋。プライバシー性を考慮し外部窓は高窓で計画するとともに、室内出入口の扉の上部には欄間を設け室内の明るさが均一になるように工夫した。

建物外観

外壁はグレーで統一し、建物全体に重厚感を演出するとともに木質の玄関ドアや周辺の木々、空の青さが際立つ配色とした。細部にわたるディティールにより繊細ですっきりとしたデザインとしている。

neo-

黒磯の古い住宅地に計画された住宅です。街並みとの調和を保ちながらも、自律的で豊かな室内となる様、思索致しました。遠くアプローチから見える外観は開口部も少なく、塗り壁とヒメシャラ、オリーブが落ち着いた空気感を創りだしています。外観とは一転し、玄関に入ると広く光溢れる中庭を望む事が出来ます。建物に囲われたこの中庭は家の様々の場所から眺める事が出来ます。家族の気配をつなぐ。光を室内に導く。近隣風景を限定し、空間に奥行きと広がりを与える。時間の移ろいから身体的なリアリティを感じる。ロの字型の平面計画は、平屋特有の広がりのある生活空間をよりプライベートで豊かにしてくれます。又、ラワン材の天井や造作家具は落ち着いた様相を呈し、ハイサイドライトからは隣家は見えず空とオリーブを眺める事が出来ます。心地良く、清澄で、四季の移ろいを生き生きと感じる事が出来る空間です。

カタログ差し上げます。

neo-「株式会社イケダ工務店」のパンフレット請求や建物見学、お問合せをしたい方はこちら。

(1)neo-quality (2)neo-case study

(1)会社案内 (2)施工事例集

建築会社名
株式会社イケダ工務店

お名前 必須
E-mail 必須
住所
郵便番号 -

都道府県

市区町村

番地ほか
電話番号
お問合せ
資料請求見学希望その他