みなさん、こんにちは。何回か読んでくださっている方、そして初めましての方もいらっしゃるかと思いますが、お掃除のコラムも今回で最終回となりました! 最後にお話しするテーマは……。そうです! 今の時期にスルーできない『大掃除』についてです。

大掃除といったら、やはり1年に1度の大イベント。家族総出で一日中おうちの隅々まで掃除しまくります。みたいな感じでしょうか? でも、そんなの疲れちゃいますよね。今年はそんな大掃除はやめましょう。〝ながら掃除〟はみなさん実践されていると思いますので、日常では見逃しがちな、キッチンのレンジフードフィルターの交換、浴室の換気扇のお掃除などを簡単にしてみるとよいかと思います。

キッチンのレンジフードフィルターは、みなさん、どの位の周期で交換されているでしょうか? 半年? 1年? ご家庭の使用状況にもよりますが、毎日お料理して、揚げ物もやるよ、というご家庭ですと毎月の交換が目安です。家族も少なく、長時間換気扇を使うことがない場合でも、3ヶ月に1度の交換をおすすめします。

フィルターは見た目には汚れていないと思っても、ホコリが吸い付き、お料理するたびに油が蓄積されています。その油が酸化し、ホコリと合わさるとニオイの原因にもなります。換気扇の下でタバコを吸われるご家庭だとなおさら悪臭となります。なんだかわからないけれど、イヤ~なニオイがするんだよなぁ、なんて気がするおうちはキッチンフィルターがニオイの元かもしれません。また、市販の不織布タイプのフィルターを交換せずに使い続けていると、染み込んだ油に引火するなんてこわい事態が起こることもありますので、こまめに交換したほうが安心ですね。

レンジフードのフィルターはこまめに交換すれば掃除がラクチンです!

浴室の換気扇の掃除はカビ防止にも効果的

浴室の換気扇のお掃除も見逃しがちですが、こちらもマメにお掃除したい箇所です。

換気扇は浴室内の湿気を吸うと同時にホコリも吸っています。そのホコリがたまると充分に湿気を逃がせなくなり、結果、カビが発生しやすい環境を作ってしまいます。また、ホコリがたまったまま換気扇を回しているとホコリも撒き散らしていることになります。水分を含んでホコリにカビが繁殖しているかもしれませんよ。

換気扇のパネルの掃除だけでもOK!

換気扇のお掃除前には必ずスイッチをoffにしてから始めます。危険ですので必ず確認をしましょう!

浴室換気扇は外せるものと外せないものがあります。パネルをずらして簡単に動かせば外れますが、ネジが付いていたり、ビクともしなければ無理に外そうとせず、パネルに付いたホコリをまずはやさしく取り除き、市販のお風呂用洗剤を水で濡らした雑巾に吹きかけ、パネルの汚れを拭き取りましょう。

次に洗剤が残らないように水拭きし、最後にから拭きします。パネルが外せるようなら外してホコリを取り、洗剤を吹きかけスポンジで洗いましょう。細かい部分は使い古した歯ブラシでこするときれいになります。洗剤で洗った後はよく水で流し、乾かします。換気扇内部のファンも汚れているようなら、水で濡らし堅く絞った布に中性洗剤を吹きかけて汚れを拭き取ります。こちらも洗剤が残らないように水拭きし、よく乾かします。最後にパネルを取り付けて終了です。

浴室掃除には便利なグッズを使って、簡単に済ませましょう!

今年1年も間もなく終わります。締めくくりに、おうちをきれいにして気持ちよく新年を迎えたいですね。


株式会社イシカワ 専務取締役 石川麻紀

ダスキン(DUSKIN)に勤務し10年。株式会社イシカワの専務取締役に就任し2年。 お客様の「おうちをキレイに保ちたい」という要望に応えられるよう、日々ダスキン商品を研究し、お客様に寄り添う接客を心がけています。