アルバムをつくらなきゃ」という罪悪感

デジタルカメラに続いてスマホが普及し、いつでもどこでも手軽に写真が撮れる時代になりました。日常的に写真を撮るようになり、写真のデータはたまる一方……。そんな方は多いのではないでしょうか。

私もその中の一人。子どもが生まれてから撮る写真の量は格段に増えました。以前は、よく撮れた子どもの写真をプリントアウト(現像)しては、愛情いっぱいのコメントを添えてアルバムにするのを楽しんでいました。が、いつしかその時間も取れなくなり、「写真の整理ができていない」という罪悪感だけが重くのしかかっていました。

そんなときに、トチカタ(栃木県の有志の整理収納アドバイザーの集まり)のメンバーとして一緒に活動している、写真整理上級アドバイザー斉藤真弓さんの写真整理セミナーを受講する機会がありました。

セミナーの様子。子育て世代を中心に、写真整理に悩める方たちが斉藤さんの話に熱心に耳を傾ける

写真は何のために残す?

セミナーを受講しての一番大きな気づきは、「写真は見返すのを楽しむために撮って残している」という一番大きな目的を忘れかけていたということ。なんとしてでも、「今まで作っていたかたちのアルバムに仕上げなければいけない」と思い込み、しんどくなっていた自分に気がつきました。アルバムをつくることを目的にするのではなく、写真を日常的に楽しめることを最優先しよう……。そう思った私は、講座の中でも紹介された「おもいでばこ」という写真保存用の専用ストレージを購入しました。

コンパクトな「おもいでばこ」はころんとしたフォルムもかわいらしい

「おもいでばこ」に写真を集約

家族の写真を保管することを考えたとき、一番の問題は「いろいろなところに写真データがちらばっている」ことです。一眼レフカメラにも、夫のスマホにも、私のタブレットにも……。アルバムをつくる前に、まずはそれらのデータを集約して、家族で見て楽しめるようにしよう、というのが私の目標になりました。

「おもいでばこ」のいいところは、Wi-Fiを使ってスマホなどから簡単に写真データを送ることができ、日にちごとや設定したフォルダごとに分けてくれること。そしてテレビでスライドショーとして写真を気軽に見られること。写真を保管するだけでなく、家族で見返すことを大切につくられた製品なのです。

わが家では、過去のデータはまだ整理できていないのですが、撮った写真をすぐ「おもいでばこ」に集約するのは習慣になったので、日常的に家族で思い出を振り返って楽しめるようになったと感じています。

夏の思い出をスライドショーで楽しむ

たとえば、昨年の夏の3泊4日の家族旅行は、一眼レフカメラと夫と私のスマホで写真を撮っていました。その数、なんと700枚‼︎

旅行から帰ってきた次の日、それらを「おもいでばこ」に送り、旅行先で買い込んできた食材でつくった料理を食べながらのスライドショー上映会を行いました。その700枚の画像を見終わるのに45分かかったのですが、その会がなんとも楽しく、いい時間だったのです。家族で乗馬したこと、レストランの料理が最高においしかったこと、ぶどう狩りで食べすぎたこと……。改めて写真を見ながら振り返ることで、家族で思い出を共有できたな、と感じました。

今でも旅行の写真はよく見返します。スライドショーにはBGMがつくので、思い出感が倍増

「おもいでばこ」に限ったことではありませんが、写真を撮ったらできるだけこまめに集約→ 分類 このステップを踏んで整理しておくと、写真整理がしんどくならないし、なにより振り返って楽しもうという気持ちになるものです。

特別な写真をピックアップしてフォトブック

家族旅行はわが家にとっての大イベントなので、その700枚の中から思い出深い写真を厳選し、フォトブックを作成しました。

家族旅行も4年目でフォトブックも4冊目。「これは!」の行事をフォトブックにすると気が楽。アルバムに文字を入れることで思い出も鮮明に

セミナーで学んだのは、データを整理した上で、やはり「これは!」というものは手元ですぐ見返すアルバムやフォトブックにするといいということ。今まで、子どもたちの日常は時系列でアルバムにしていかなければ……と思っていましたが、今はその考えに縛られる必要もないな、と感じています。

将来、子どもたちに写真を渡すときも、重いアルバムではなくて、データのまま渡すようになるのかもしれません。たとえそうであっても、整理されていない、膨大な量の写真を渡すのではなく、項目を立てて整理された写真データを渡したいものです。

「写真整理しなきゃ」と思ったとき、すぐにプリントすることをイメージする方もいるかもしれませんが、まずはデータの整理、からですね。整理しつつ楽しむ。その手段はアルバムやフォトブックにするだけではないのだと考えるようになった私です。


片付け相談所かげいろ 石原智子

整理収納アドバイザー1級。インテリアコーディネーター。
「おうちを心地よい空間に」を活動の軸として、個人宅での整理収納レクチャー、新築時の収納計画などの依頼を受けている。
◎片付け相談所かげいろのブログ:「おうちを大好きな空間にするヒント」
https://ameblo.jp/07-91/
◎栃木県の有志の整理収納アドバイザーの集まり「トチカタ」HP
http://tochikata.info/